いつも「情熱」をもって、お客様に満足を得られる製品の実現を追求します!
玄海活きくるまえびお問合せ
ゲストさん、いらっしゃいませ。ログインしますか?

レシピ集

車海老のレシピ
車海老の踊り食い
車海老を氷水につけて、ふたをしておとなしくなるのを待ちます。
おとなしくなったら車海老を取り出し、頭と胴の境目から切れるようにちぎり、背わたを引き抜きます。
皮を取って、わさび醤油等でお召し上がり下さい。
また頭の部分は塩焼きしてそのまま召し上がるか、塩焼きを日本酒の熱かんに入れる「エビみそ酒」がお薦めです。
車海老の塩焼き
焼くときに曲がらないように串にさして塩をふります。
背中のほうは強火、おなかの方は中火に焼くとおいしく出来上がります。
焼きすぎにはご注意下さい。
シンプルですが皮や身はもちろん頭まで香ばしく本当に良い車えびのおいしさをじっくり堪能できます。
熱いうちに立ち上る香りと共にお召し上がり下さい。
車海老の天婦羅
頭を落として尾を残して殻をむき、尾の剣先を切り落とします。
背ワタを取り腹側に3〜4ヶ所包丁を入れ、天ぷら粉をつけて180℃の油で揚げます。
サクサクの衣とプリプリの身の食感を、熱いうちに天つゆ、塩などでお召し上がり下さい。
また落とした頭は衣をつけてカラッと揚げるか、素揚げして塩をかけると酒の肴にも合う粋な一品です。
車海老の酒蒸し
オリーブオイルを少々ひいて熱したフライパンに、車えび数尾と酒を少々入れてふたをして酒蒸しします。
車えびの旨味がギュッと凝縮された身の食感と甘味がなんとも言えません。
別に用意した季節の野菜に盛り合わせてお召し上がり下さい。
またマヨネーズともよく合いますので子供さんも大好きな「エビマヨ」としてもお召し上がり下さい。